« 電子チャージ炭(大)を敷設しました | トップページ

2020年6月 7日 (日)

深井戸の炭素埋設を行いました

先日、愛知県にて深井戸の炭素埋設を行いました。新築に伴い深井戸を埋めることになり、炭素埋設してくださいました。

 

深さは5m強ありました。水深2mほど、井戸の底には腐敗臭があるヘドロが溜まっていましたので、水中ポンプで水と一緒にヘドロを30分程度吸い出していただきました。

 

井戸の一番底の部分にすこやかポットGOLD大を投入し、粒状の炭層を約1m位作り、中間は山砂で埋め戻し、地面から1mのところに炭層40〜50cm作り、二つの炭層は、直径10cmのパイプで繋ぎ、中には粉炭で充填して電気的に繋げました。

最終的に山砂で地表面まで埋めました。埋設前のどんよりとした陰気な雰囲気は、井戸の炭素埋設作業1時間後、すっきりとした爽やかな雰囲気に変わりました。

 

通常は、息抜きができるように節を抜いた青竹を投入して、山砂で埋め戻すだけということですが、井戸の周りにできている損傷電気が、井戸を埋め戻すことで一気に変動を起こして(電気的大暴れが起き)、収束するまで10〜15年を要すると言われています。

 

その周辺に住まわれる方々は、10〜15年間変動した物理的なネガティブにさらされますので、体力が弱い方などは、かなりダメージを受け続けます。しかも、井戸の地点から半径25mの広い範囲がその影響下なのです。

 

Photo_20200607175401
1_20200607175302
Photo_20200607175302
1_20200607175301
Photo_20200607175301
Photo_20200607175402
Photo_20200607175501
毎回感じるのですが、井戸を炭素埋設として埋めることができる方は、本当にラッキーな方だと思います。
こんなことを知らないで普通に解体業者さんに埋めてもらうのと、炭素埋設を行うのとでは少なくとも10〜15年間は180度違う『地の気』を受け続けることになりますから、そのお家の運命に大きく関与すると思われます。
こればかりは、神職の方にお祓いをしていただいたとしても、この物理量の変化を防御することはありませんから、、、。

|

« 電子チャージ炭(大)を敷設しました | トップページ

住まい・インテリア」カテゴリの記事