グルメ・クッキング

2011年2月15日 (火)

手作り味噌つくりました

 またまた、関東に積雪。今度は先日の雪より降雪量が多く、さいたまでは7〜8cm位積もりました。シャーベット状に近いもので、昨晩(深夜)の気温は0℃と暖かでした。
 しかし、私は昨日群馬〜栃木に行ってまして、帰りが22時過ぎに現地を出発しましたので、既にかなりの積雪、佐野藤岡インターから東北自動車道を使って帰ろうと思いましたが、通行止めのため一般道を3時間掛けて帰って参りました。
 たまの雪道の運転で結構疲れました。



 去る1月30日(日)に、栃木県那珂川町の青木農園様で、手作り味噌教室をしていただきました。
味噌やお酒など発酵食品の仕込みは年中で最も寒い時期が適しているといわれますので、この時期の作業になるのですが、さすがに寒いです。
 大気中のイオン状態は最も電位が高い「イヤシロチ状態」にありますので、色んなモノの品質が酸化・劣化しにくい環境なのです。

 今回も、当日朝6時半頃から薪と鉄鍋による大豆を煮る作業をしていただき、ちょうど煮え上がる頃に乗り込むという、ありがたくて申し訳ない参加をいたしました。
 煮上がったダイスをザルですくい上げ、ミンチマシンに投入。ミンチされた熱々のダイスは、作業台に乗せられ、予め作ってたいただいた塩切り麹を振りかけ、良く混ぜ合わせます。
 適量を臼に入れ杵ですりつぶします。樽型容器に大きめの厚手ビニル袋を内側にセットし、カビ防止のために日本酒を噴霧し消毒します。そこに野球ボール大の団子状態にした味噌玉を投げ入れ、空気が入らないように詰めていきます。

 これでひとまず完成。

 一連の作業が終了したのは14時前。
 あとは、青木さんの奥様の美味しい手料理(ほとんどが当農園の天然理学農法で獲れた野菜なのです)をお腹一杯ご馳走になって、しばしくつろがせていただきました。このまま泊まっていきたい気分でした。いつもながら、ありがとうございます。

 今回は味噌玉の出来上がり重量が約100kgと大量にできました。ご参加になった方と来られなかった皆さんと分け合います。

1



 埃が入らないようにしてこのまま1週間放置し、お好みで塩を振ってビニル袋を密閉し味噌玉と同重量〜2倍の重石を置いて8月中旬まで待つと食べられます。

 上下2段式に積み上げました。ちなみに、上の樽容器の重石は、三重県宮川で採取してきた白石たちです。

1_2



●ミキたんまい工房のTOPへ●


|

2010年2月17日 (水)

手作り味噌体験しました

先日、栃木のA農園様で、手作り味噌の仕込みをさせていただきました。真冬なのにポカポカ陽気でしたのでとても助かりました。A農園の方には、前日から大豆の浸水、当日早朝から大豆焚きを行っていただき、私たちは大豆をすりつぶすところからの参加と大いに甘えちゃいました。大豆21kg、米麹(予め天然理学農法米に麹作成)30kg、天然塩10.5kg、合計60数kg出来上がりました。今回残念ながらご参加になれなかった方から注文いただきましたので、11軒で分配することになりました。

作業工程をご紹介します。

①大豆を柔らかくなるまで煮る。
9

②ミンチマシンで良く煮えた大豆をミンチ状にする。
8

③作業台の上に広げる。
7

④米麹に塩を混ぜる。
6

⑤米麹を広げた大豆の上に敷き詰める。
5

⑥大豆と米麹をよく混ぜながらソフトボール大の団子状にする。
4

⑦団子状の大豆と米麹を臼に入れ杵ですりつぶす。
2

⑧空気を追い出しながら容器に詰める。
1

⑨1週間後さらに塩を振ってから密封し、材料と同等以上の重石をのせる。
1_2

贅沢にも、すこやかポット大を重石代わりに使ってみた。メーカーの特権?

あとは、そのまま保管し7月26日(土用)を過ぎれば食べることができるそうです。もちろん、3年間寝かした味噌はとても美味しいらしいが、とても保たないと思います。来年は、今年の状態を見て、販売できるくらいの量を作ろうかと考えています。


A農園さんで獲れた人参は、らせん状になってしまいます。地力(土地のエネルギー)がとても強いためなのでしょうね。1_3


●ミキたんまい工房のTOPへ●

|

2009年10月20日 (火)

栃木&岐阜の稲刈り&はざ掛け行いました

早いもので、初夏に田植えした小さな稲の苗は、すくすくと育ち、収穫の時期を迎えました。今年も、無事にたくさんのお米を収穫することができました。



◎栃木版◎

栃木の青木農園では、稲刈りとはざ掛け、脱穀、籾すり&精米と順調に行われ、先日収穫祭が行われました。穫れたてのお米をお釜で炊いてくださり、おにぎりにしていただきました。もちろん、同農園で穫れた野菜や果物をふんだんに使った手料理もたくさんご馳走になりました。おまけに、直ぐそばの川で釣った鮎も塩焼きにしていただきました。

1_21_31_41_51_10











作業の後の食事は美味しいということ、食材が新鮮でイヤシロチで穫れたこと、調理にはイオン水を使用していること、調理の熱源は炭火ということなど、様々な条件が整って、「美感電圧が高い」最高の一時を過ごすことができました。日頃溜まった負のエネルギーを思いっきりリフレッシュさせていただきました。そして、穫れたての新米や野菜をたくさんお土産にいただきました。青木さん、ありがとうございました。

1_61_721_81_9








次回は、冬に「みそづくり」を行いましょうかという話も出ましたので、計画したいと思います。



◎岐阜版◎

秋になると、台風などが頻繁に来て、稲の収穫作業に大きく影響を与えるため、稲刈り時期や脱穀時期は慎重に決めなくてはいけません。幸い、長年稲作を行ってきた父が指揮を採ってくれているので、その都度作業工程は決定されていきます。

何せ、今までとは違った農法を行うものですから、現場では相当混乱が起きたと思います。小生は、行き当たりばったり、思いつきみたいな感じで事を進めるタイプなので、みんなを振り回してしまっています。ですが、現時点で最も良い状態を作っていきたいあまり、ついバージョンアップしてしまうのです。

421_63






今年の稲は、田んぼのイヤシロチ化を行い、土壌に空気圧入、稲の苗と有機肥料の静電タイマーを活用した電子チャージ処理、イオン水の空中散布を10回程度実施、稲刈りは軽量のバインダーを使用して行い、刈った稲の束ははざ掛けし10日間の天日干し、いよいよ本日、脱穀機で籾の状態になるわけです。
さらに、脱穀した籾を広げて天日干しし水分調整を行い、30㎏ずつ袋詰めして土蔵に保管します。あとは、出荷のたびに籾すりして循環式の精米機で精米(7分づき・白米)します。何でも、籾のまま保存すれば1万年でも保存可能だとか。
そういえば、久しぶりに「いなご」を見ることができました。田んぼの環境もだいぶ昔のように天然さを取り戻してくれているみたいです。

せっかく天然理学農法で栽培したお米ですから、出来るだけ酸化・劣化しないよう工夫して行きたいのです。「安全」「高い栄養」「美味しさ」の三拍子揃った主食さえあれば、日々の暮らしに活力が湧いてくるのではないかと考えるのです。

1_71_8








【今期の天然理学農法の作業内容と特徴】

  ①田んぼの四隅と取水口にすこやかポット(農地用)を埋設
  ②土中に空気を圧入
  ③苗の静電変性(静電タイマー&電子チャージャー使用)
  ④施肥料(有機質ぼかし)の静電変性(静電タイマー&電子チャージャー使用)
  ⑤イオン水(静電タイマー&電子チャージャー使用)を噴霧(5回以上)
  ⑥陽イオン吸着網設置
  ⑦減農薬(農薬は静電変性後に使用、無毒化?)
  ⑧籾の天日干し・籾のまま土蔵に保管
  ⑨出荷直前に籾すり&精米を行います。



今年の収穫予定である30数俵のお米は、今まで契約していた方の所に20数俵売れて行き、残り10俵程度(約500㎏)を販売する予定です。販売価格や送料は、下記の通りです。


1

【販売価格】

  ①玄米5㎏  3,500円(税込・送料別)
  ②玄米10㎏  6,800円(税込・送料別)
  ③白米・胚芽精米5㎏  3,900円(税込・送料別)
  ④白米・胚芽精米10㎏  7,600円(税込・送料別)

    ※③及び④を選択なさる方は、白米か胚芽精米(約7分づき)をご指定下さい。

【送料・税込】

  525円エリア・・・群馬・栃木・埼玉・茨城・千葉・東京・神奈川・山梨・長野・新潟・富山
・福井・石川・愛知・岐阜・三重・静岡・大阪・奈良・京都・滋賀・兵庫・和歌山

  630円エリア・・・宮城・福島・山形・岡山・広島・鳥取・島根・山口

  735円エリア・・・青森・秋田・岩手・愛媛・香川・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・
大分・宮崎・鹿児島

  1,050円エリア・・・北海道・沖縄

    ※20㎏まで同一梱包にて賜ります

【お支払い方法】

  ①代金先払い(みずほ銀行)
  ②代引き(別途手数料が掛かります)

【発送開始時期】

  2009年10月26日頃から

【納期】

  ご注文を頂いてから籾すりと精米を行いますので、ご注文受付後5営業日程度で発送いたします。また、商品が無くなり次第終了とさせていただきます。

☆ご購入の場合はこちらから☆




●ミキたんまい工房のTOPへ●


|

2009年5月28日 (木)

福井にイヤシロチできました。

5月17〜18日、北陸・福井県へイヤシロチ化工事に行ってきました。東京からだと500㎞以上あるので、日帰りというわけにはいきません。
5〜6年前にイヤシロチ化工事をさせていただいた「鯖江第一ホテル」さんに前泊して工事に臨むことにしました。
夕食は、同ホテルのレストランで、社長夫人と息子さんにお世話になり、美味しく楽しいひとときを過ごさせていただきました。ほんと久しぶりにお邪魔したのですが、館内はサッパリとしていてとても良い感じでした。北陸ご旅行の際は、イヤシロチ空間を是非お試しください。

1_5 3_22_2

●鯖江第一ホテルさんのサイトへ





さて、今回のイヤシロチ化の物件は、「岩本屋さん」というラーメン店で、福井県に2店舗、石川県に2店舗を経営していらっしゃいます。今回、福井の武生店様と岩本社長さん宅のイヤシロチ化を行わせていただきました。

炭素埋設はGold版を採用していただき、お店の玄関の右横に炭埋孔を設けました。アスファルトが八角形にカットされ補修してありますので、直ぐに解ると思います。それから、敷地や建物内にすこやかポットを設置し、仕上げにさわやか砂を敷地やご近所に撒き、その後波動調整を行いました。

1_62_33_34_25_2









工事の途中、休憩時間に缶コーヒーの実験をしました。同じ銘柄の缶コーヒーを2本購入、1本は炭素埋設の炭の上に置きます。もう1本は敷地外のすこやかポットなどの影響が及ばないところに置きます。待つこと5分、2本の缶コーヒーをテイスティング。岩本社長さんやスタッフの方の反応は、味がソフトになり、香り高くなったと。開封していないシールドされた缶の中のコーヒーがほんの5分で変わってしまうなんて、考えてみたら不思議ですよね。岩本社長さんは、料理の味がソフトで香り高くなることはとても良いことだと喜んでくださいました。イヤシロチの効果が安定してきたら、店内の全ての食材や人や燃料に至るまで缶コーヒーのような現象が起きてくることでしょう。

小生は、昼と夕方、つまりイヤシロチ化のビフォー&アフターで同じラーメンがどんな風に変化したかを試してみました。明らかにスッキリさわやかな感じになって、食べやすくなっていました。

この次、またお邪魔してどんな風にグレードアップしているかがとても楽しみです。福井にいらしたときには、是非お試しください。

1_7

●岩本屋さんのサイトへ




▲ミキたんまい工房のTOPへ

|

2009年4月13日 (月)

東京・東麻布の本格イタリアン店がイヤシロチに

先日、東京・港区東麻布にある、本格イタリアンのお店をイヤシロチ化させていただきました。このお店「カメレオン」さんとオーナーシェフをご紹介いただきましたのは、小生の所の大得意さまのKさんご夫妻。二十年位前にイタリアで知り合いになられ、以来親しくなさっているという。
そのオーナーシェフは日本人で、とても鋭く豊かな感性を持たれているようです。と言いますのは、最初お店を下見に伺った時、分電盤にクリンナップシールを数枚貼らせていただいたのですが、その直後「空気感がクリアになってきて、ちょっと肌寒い感じになった。」と。

お店は、マンションの地下1階。ご多分に漏れず、地下店舗特有の空気感がありました。空気の透明さが少ないと言いますか、電磁波がこもってしまっていると言いますか、エネルギーの抜けが良くない感じなのです。折角の繊細で美味しい料理が、このような雰囲気ですとだいぶパワーダウンされ、インパクトさとか感動は薄らいでしまいます。これぞ、「美感電圧が低い」といった感じなのでしょう。実にもったいない。オーナーシェフはこのことに気付いていらしたご様子で、「イヤシロチ化」を決意されたのです。

基本的には、賃貸物件で地下店舗ということですから炭素埋設は行うことが出来ません。すこやかポットを設置するということと、クリンナップシールとクリンナッププレート(今回は、特注品でA1サイズのポスターを使用しました。)を設置することと、さわやか砂をお店の入っているマンションの周りとその周辺の街区に撒きます。その直後「波動調整」を行います。「波動調整」については、後程ご説明することにしましょう。

3111_21_31_4









開始から2時間程でイヤシロチ化の仕掛けが完了しました。店内の空気感はクリアでマイルドな雰囲気に変化しました。その後、軽めのディナー(通常メニューではないと思います)をご紹介者のKさんご夫妻にご馳走になり、シェフの繊細で品の良い素晴らしい味をゆっくりと堪能しました。

この「カメレオン」さんでは、7,500円と10,000円のコース料理を楽しめます。毎月新しいメニューになるそうです。ランチも3種類のメニューがあり価格帯は1,500円〜3,000円?とお聞きしました。他に、「美食講習会」を開いていらしたり、「大人のパスタ・組合せが楽しい58レシピ本」などの著作をしていらっしゃいます。


1_51_61_71_81_9













お店の看板は、とてもシンプルで控えめなため、普段通りすがって行かれる方のほとんどがお気付きになっていないのではないでしょうか。竹の植栽とこの看板が目印です。
「本格イタリア料理」と「イヤシロチ」を同時にご体感なさってはいかがでしょうか。もし、お店に行かれましたら、是非ご感想をお聞かせ下さい。

●カメレオンさんのサイトへ



波動調整について
「波動調整」にとても似たことが映画になっています。それは、アメリカ映画「グリーン・マイル(1999年・トム・ハンクスさん主演)」です。えん罪で処刑される黒人の大男ジョン・コーフィは、特別な能力を持っていて数々の奇跡を起こします。病気などのネガティブなエネルギーを意識で吸い出して中和し、空中に吐き出すといったシーンが何回も出て来ます。その結果、踏み潰されたネズミを生き返らす、尿道の炎症を治してしまう、脳腫瘍を治してしまうといった具合に。

似たような感じで、人間自身はもとより、土地や建物・立木・井戸などに染みついている「人の想念・因縁」というネガティブなエネルギーを中和・浄化する人が日本にいらっしゃいました。その方は、三重県伊勢市の故北村和也さんで、1990年頃から実践していらしたそうです。真気塾を主催されていて、現在もホームページを見ることができます。小生は、1999年にご縁を戴き、その手法を教わりながら現在も使わせていただいております。

炭素埋設とかすこやかポットの設置などは、物理量的に環境を改善する手法なのですが、北村和也さんの「真気」は、霊的(スピリチュアル)に環境を改善する手法なのです。小生は、どちらも同じくらい大事だと考えています。
「イヤシロチ」に興味を持っていただく方は、とても大勢いらっしゃいますが、より深く追求されて行かれるのでしたら、霊的(スピリチュアル)な改善も視野に入れられると良いと思います。

●真気塾のサイトへ


▲ミキたんまい工房のTOPへ

|

2009年3月24日 (火)

天然理学農法の仕掛けをしました(前編)

またまた栃木県のA農園様にお邪魔し、天然理学農法を行うための仕掛けをしていただきました。今回は、農地の炭素埋設(略して炭埋・タンマイと呼ぶ)2カ所と、浸透汚水マスの埋設、2回目の空気圧入、イオン水装置のセットを導入いただきました。
炭埋孔の位置は、前回お邪魔したとき打ち合わせておきましたので、今朝までに穴の掘削は終わっていました。以前地続きの母屋に炭埋をしていましたので、それと今回の2カ所の炭埋孔は一辺が45メートル程度の正三角形の頂点になるよう配置しました。その上、畑と母屋はほぼ同じレベルにありますが、水田は3〜4メートル低いレベルに位置しますので、畑の土手から水田に降りたその近辺は電気的に不安定で植生が劣勢生育地帯になっています。また、当家にも隣地にも掘り井戸がありますので、その周辺は地面付近の電気バランスは崩れ不安定に変動しています。A様の話でも、そのあたりは植生が良くないとのことでした。

1_41_5








炭埋は、直径1メートル×深さ1メートルの円筒形に掘削し、穴の底から三分の一程度を水締めしながら炭素質で充填します。これは、考案者楢崎皐月氏がいろんな穴の大きさや形状を試され、最も労力と費用が少なく効果が高いものを編み出されたとのことです。
ともかく、地面に穴や溝をつくるということは、地表面に相当大きく広範囲に「電気の片寄り」をつくりだします。それぞれの電気的片寄りが干渉したところが「ケカレチポイント」になるのです。物件によっては、敷地内に何カ所もケカレチポイントが存在することも少なくなく、出来るだけ少ない数の炭埋でそのポイントを改善していくのです。この見極めとどこに炭埋孔を設けるかということは、ある程度の知識と熟練が必要です。

1_2 1_31_9








農地の炭埋は、専用の「Farmland Blend」を使用します。農地用は「植生改善と残留農薬等の中和」という機能を持ち、しかも低価格の設定で作ってあります。
農地用すこやかポットも色が単に黒いということだけではなくて、「植生改善と残留農薬等の中和機能」が印可されています。小生の天然理学農法に対する意気込みが感じられると思います(笑)。
炭埋作業をしている間、土壌の空気圧入作業も平行して行いました。前回よりも土壌はやわらかでふかふかな感じがしていて、空気が入った部分はエネルギースポットのようにゆらゆらして見えます。

1_712 1_6








それから、水田の端に昔使っていた家庭内の汚水を地下に浸透させる枡(穴)がありましたので、そこにもすこやかポットを設置しお手持ちの切炭や籾殻燻炭(使用済みの竹炭や備長炭でも良い)を5〜10㎝厚に敷き詰めたあと、土を被せて埋め戻しました。浄化槽などの処理も同様な方法で行うと良いです。

1_8









炭埋もすこやかポット設置も空気圧入も、地力を高めるためのとても有効な手法であり、農業をはじめ全ての生産を行う場所にとっては基本中の基本であり、とても重要なことなのです。(後編につづく)




▲ミキたんまい工房のTOPへ

|

2008年8月18日 (月)

新宿にイヤシロチホテルできました!

 先月、栃木県小山市に「イーホテル小山」というイヤシロチホテルが新築オープンしたことをご紹介しましたが、同ホテルチェーンの「イーホテル東新宿」が8月8日、またまた新築オープンしました。場所は、東京・新宿歌舞伎町の北東角、地下鉄都営大江戸線と東京メトロ副都心線の「東新宿駅」A1出口からたった10メートルという好立地にあります。ホテルの1階には、コンビニ「ローソン」と「タリーズコーヒー」があります。Hotelzenkei E-HOTEL東新宿2 LOWSON|ローソン TULLY'S COFFEE|タリーズコーヒー

●イーホテル小山のサイトへ
●イーホテル東新宿のサイトへ


 見えない部分のイヤシロチ化の内容は、ゴールドブレンド版炭素埋設が3カ所、すこやかポット37個を設置してあり、ホテル周辺の波動調整も行っております。ホテルは変形L字型の13階建てですが、その各角と建物内に波動スポットを作らせていただきました。

炭結界|すこやかポット 炭素埋設孔1 炭素埋設孔2 炭素埋設孔3


 先日、オープンセレモニーと内覧会がありましたので、早速フロントや客室を拝見しました。内装のデザインは、ダークブラウン(ひょっとして黒?)基調のシックでシンプルなデザインで、都会的な感じを受けます。新築特有の臭気もほとんど感じられません。ベッドはどれもダブルサイズで上級グレードのシモンズベッドが使われており、上質の睡眠が期待できます。8月中は、オープニング特別料金で、30〜40%引きで宿泊できるようです。特に、最上階(13階)のツインルームからは、市ヶ谷・早稲田方面が眺望でき、方角では東が開けているので、きれいな日の出が臨めるかもしれません。

E-HOTEL東新宿オープンセレモニー E-HOTEL東新宿看板 E-HOTEL東新宿フロント E-HOTEL東新宿客室


 一年前、着工直後の現地を見せていただいた時とは全く違ったエネルギー感で、良くなりました。土地に穴を掘ったり埋め立てたり、コンクリートやアスファルト敷きにしたり、建造物を建てたり地下構造物をつくったりと、人間はより便利なより良い暮らしのために天然・自然に大きく手を加えています。スピリチュアル(霊的)にも人は様々なネガティブな想念を日々発動し、土地や空間を汚しっ放しにしています。


 しかし、炭素埋設やすこやかポットの設置、波動調整など総合的にイヤシロチ化を行うと、今まで色んな障害で封印またはブロックされていた、その土地が本来持っている素晴らしい力が再び放出されるような気がします。「我々がイヤシロチをつくった」などというおこがましいことではなく、物理的・エネルギー(霊的)的に大掃除をさせてもらい、結果的に、その土地は本来の状態を取り戻す、言い換えれば、人が住み着く以前の天然・自然な状態に復旧しただけに過ぎないのではないかと感じます。このような復旧活動に参加できるなんて、なんとありがたいことかと思うのは小生だけでしょうか?


▲ミキたんまい工房のTOPへ

|