住まい・インテリア

2018年8月31日 (金)

石川県にイヤシロチ賃貸物件できました

先日、台風が迫っている不安定な天候の中、石川県小松市にて炭素埋設を行ないました。

炭素埋設作業を行う1時間だけ、雨が止み晴れ間も出てきました。
事前に炭埋孔は掘って、型枠もセットして下さっていたので、とてもスムーズでした。
さわやか砂を敷地の周り、建物の周りに撒いて、残留エネルギーの除去作業も行いました。

1


作業が全て終了した途端に、土砂降りの雨。その後は現場事務所から外に出られない状況に。
伊勢神宮の祭り事は、よくこんな事があるようです。陰陽師の世界ですね。

2


3


4


さて、まだ建築中だというのに、ほぼ契約が終わっていて、残り一部屋だそうです。1Kのタイプだと仰っていました。
もし、ご興味がお有りでしたら、不動産管理会社「アーバンホーム小松店」さんにお問い合わせしてみてください。
物件名は、「D&R沖町」です。

5


このような、イヤシロチ物件に入居できる幸運な方がいらっしゃるのですね。同様な条件の物件でしたら、はるかに居心地が良くて、疲れも取れやすいし、自己の持っている潜在能力も発揮しやすくなる、隣人も問題を起こさない方だったり、建物外装もそうですし、お部屋も静電気が起きにくいとか汚れにくいとか空気が澄んでいるなど、明らかに差別化になっていると思います。

●ミキたんまい工房のサイトへ●



|

2018年6月 9日 (土)

炭素埋設初級技術者講座、無事終了しました

先日、岐阜県美濃加茂市にて、炭素埋設初級技術者講座を開催しました。

深井戸を炭素埋設にする物件を、本講座では初めて題材にさせていただきました。
しかも、水を汲み上げられる様にして欲しいというお施主さんの意向でしたので、通常とは少し違う方式で行いました。

井戸の部分にパワースポットを作ったりもしました。

結果、大成功でした。参加者の皆様やお施主さんの「変わったね」「清々しくなった」「環境がすごく良くなった」などというご感想でした。


Img_0276_2


Img_0308_3

Img_0319_2


Img_0326_2


201806031


Img_0894_2


1_2

●ミキたんまい工房のサイトへ●


|

2018年4月18日 (水)

高機能炭化装置を導入しました

皆さま、お久しぶりです。

まあ、昨年末から色んなことがありました。
その中でも一番の出来事は、自社で炭焼きを行うようになったということです。


今まで、外注先に注文して何種類かの炭を焼いてもらっていました。
どの炭化炉もバブル時代に導入された機材なので老朽化してきました。修理費用が嵩む事と炭の販売が激減しているという事がネックになって、昨年末で廃業されるという判断になったようです。

我が社は、原料の炭が手に入らなければ死活問題です。
以前から気になっていた「高機能炭化装置」なるものを、もう一度詳しく教えていただこうと、専門家に話を聞いたり、実際に現物を拝見したりしました。

結果、その装置を岐阜工場に導入しようという流れになりました。
2月に契約をして製造に掛かってもらい、2ヶ月後の先週、ようやく設置と試運転に漕ぎつけました。

まだまだ、調整中なのですが、イメージより素晴らしい部分が沢山あり、新しい製品の開発のアイデアが沢山生まれてきました。
もちろん、現行製品の品質向上にもつながりますし、進化したバージョンの製品も検討しています。


今年の2月で会社設立20周年を迎えたのですが、7月8日(日)に20周年の記念行事を行う計画をしています。
そのタイミングで、新製品等をお披露目したいと考えています。
皆さま、今からスケジュールを空けていただきたいのと、その内容を楽しみになさっていてください。

1


1_3


1_4


黒くなったら、どれも電気が通るようになるんです。


●ミキたんまい工房のサイトへ●


|

2017年9月23日 (土)

三重県で炭素埋設行いました

皆さまお久しぶりです。お彼岸になりますと、秋らしい感じになってきましたね。
私の大好きな「金木犀」の香りがしてき始めました。

先日、三重県志摩市で炭素埋設を行わせていただきました。


海岸にほど近い高台のお宅。
築年数150年くらいだとのこと。
お施主さんのおじいさんのお家だった処を、ご結婚を機にリフォームしながら住まわれ始めたとのことです。

深井戸あり、防空壕あり、隣地にも深井戸ありという環境の物件です。
地下構造物が複数個近くに存在するってことは、「ケカレチ」を作ることになり易いのです。

Simashinobukken1

その他に、防空壕のある丘が敷地内の住宅すぐ側にあり、その丘を削って宅地造成していますので、その点もケカレチを作る素材となります。

Shimashinobukken2

2枚のイラスト図を重ねると、炭素埋設を行った地点の理由が解っていただけるのではないでしょうか。


久しぶりに、床を捲(めく)っての炭素埋設を行いました。
最近の建物はベタ基礎なので、既存物件で床下に炭素埋設することはほぼ出来ません。


Shimashinobukken3


お施主さんによれば、炭素埋設をしたお部屋、井戸の側、防空壕の入り口の3ヶ所に「霊現象」を観たというご友人がいらっしゃるとか。
もちろん、仕上げにはさわやか砂を撒いて、土地や建物等のクリーニングをさせていただきました。
下の表は、MAX測定のビフォーアフターの数値です。
「残留エネルギー」という項目がその「妖しい」部分ですね。

20170923_223148


全ての作業が終わった後の写真です。
どうでしょうか? さわやかな感じになっているでしょう?

Shimashinobukken4


●ミキたんまい工房のウェブサイトTOPへ●



|

2017年4月 8日 (土)

井戸水の浄水システムを設置しました

とても春らしくなった過日、「最近、井戸水の臭いが気になるので、何か考えて欲しい」というリクエストにお応えして、簡単な浄水システムを取り付けていただきました。もちろん、水質検査は大腸菌など心配ないとの事らしいです。

井戸水を汲み上げるポンプの一次側パイプの両脇に「すこやかポット白大」を2個セットしました。


1_3


ポンプを通過した水が通るパイプを切断して、フィルターを付けました。1つ目は活性炭フィルター、2つ目はマイナスイオンセラミックボールが入ったフィルターです。

いつもお願いしている水道工事屋さんSさんに、今回もお願いしました。
なかなか良い仕事を丁寧にしてくださるんです。
ラフな絵を描いてお見せすると、実際の現場でそれを予想以上に素晴らしく形にしていただけるんです。貴重な人材です。


2_2


果たして、効果の程は?
直ぐさまお施主さんから、「臭いが取れて良かったです」というご感想をいただきました。
どの位良い状態が続いてくれるのか? 使っていて臭いが出て来たら、活性炭フィルターを交換するだけで、また、良い状態に戻るはずです。活性炭フィルターと言っても安価なのでどんどん交換すれば良いですね。お施主様ご自身で交換出来る、簡単な構造ですから。


雨・風・ほこり除けと冬の保温の為に、小屋を手作りしました。お施主さんとの合作です。


3_2


4_2


なかなか、楽しいひと時を過ごさせていただきました。普段は頭ばかり使っているので、身体を動かすって良いですね〜。暖かくなってきましたしね〜。


●ミキたんまい工房のウェブサイトTOPへ●



| | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

八王子で炭埋させていただきました

先日、東京都八王子市で炭素埋設を行わせていただきました。

高台の住宅地に新築なさいますH様邸の物件です。
地磁気測定を行ってみましたが、地場の歪みは最小限で、元々良い土地だという印象なので、埋設専用炭「やすらぎ炭」は通常版を使用しました。

1

炭埋孔が掘れる間、埋設する炭の上に缶コーヒーとかお菓子を置いて、食味と香りが変化する実験を行いました。皆さん、炭の上に置いた方が「マイルドな味」「香りが引き立つ」、離して置いた方は、「雑味がある」「エグミがある」などと言う感想でした。

1_2


炭入れは、もちろんお施主さんに行っていただきました。

Photo


炭を全て充填した後、せっかくなので炭の上に乗って体感いただきました。特に小さいお子さんは、お気に入りだったようです。

2


この後、敷地全体と近隣のワンブロック(一街区)にさわやか砂を撒いて、映画「グリーンマイル」的な波動調整を行わせていただきました。

お家が出来上がるのが楽しみですね。




e-mailでのお問い合わせはこちら


●ミキたんまい工房のウェブサイトTOPへ●


|

2017年2月27日 (月)

横浜で炭素埋設をさせていただきました

先日、横浜市のS様邸で、炭素埋設とすこやかポットの埋設をさせていただきました。
当家では、既存の建物を取り壊して、新築なさいます。
事前に、さわやか砂を撒いてネガティブエネルギーをリセットし、お引っ越し、建物の取り壊しという順番で行っていただきました。

炭素埋設は、強化Gold版を採用していただき、敷地四隅のすこやかポットもGold大を採用していただきました。


炭埋孔の掘削し始めたところ。

2


表土は重機で踏み固めてあるので、電動の削岩機を使用しました。仮設電気が間に合わなかったので、発電機を持参しました。

1


直径1m×深さ1.1mの炭埋孔が堀上がり、底の中心部にすこやかポットGold大を設置しました。

4


この炭埋孔に入れるやすらぎ炭15袋と純金箔、すこやかポットGold大。

3


まず、炭素を1/5投入して水締めして行きます。

5


1回目の純金箔層を作ります。

6


更に1/5の炭を3回水締めして、その上に2回目の純金箔層を作ります。

7


最後の1/5の炭を水締めして、炭の充填が終わったところ。

8


あとは、掘った土を埋め戻しながら点圧して完了。

10


敷地の四隅にすこやかポットGold大を埋設しました。

9




建物の中にもすこやかポットの設置と、クリンナップポスターの設置、除菌消臭器グリーンメイトも設置する予定です。7月完成との事ですが、工事の行程に従って、順次ご紹介させていただく事ができると思います。



e-mailでのお問い合わせはこちら


●ミキたんまい工房のウェブサイトTOPへ●


| | コメント (0)

2017年2月26日 (日)

発電機にナノワークスを入れました

横浜の炭素埋設で発電機を使用しましたので、この機会にビゼイズトラスト社の『ナノワークス』を1/3程度追加投入してみました。新品状態でナノワークスを一度入れています。
燃費向上、劣化防止、排ガス低減、騒音低減などに有効なんです。

1_2


ナノワークスとは、7年以上のお付き合いですが、なかなか良いものです。金属同士の摺動面に作用するものですから、簡単な構造ですと、ハサミとか自転車のチェーンと歯車などに塗ってみると良いでしょう。私の会社では、自動車のエンジンオイル、オートマチックオイルに入れて使っています。自動車の場合、ナノワークスを入れてから1,500km走行するところ迄、エンジン内のピストンとシリンダーの表面に合金を作っていくそうです。

以下、メーカーのパンフレットを抜粋しました。


6_2


2_2


5_2


3_2


4_2




ナノワークスの詳細とご購入は、コチラ。



e-mailでのお問い合わせはこちら



●ミキたんまい工房のウェブサイトTOPへ●



| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

壁塗りのお手伝いしました

先日、千葉市のM邸で、壁塗りのお手伝いをしました。
貼ってあったクロスが破れてしまったので、何か良い壁材はないだろうかと言うご質問に、高千穂シラスという会社の「白州リフォーム」という商品にセラミックパウダーを混ぜ込んだものを使ったらどうかというご提案をしました。


4


2万5千年前に鹿児島県の桜島を含む姶良(アイラ)カルデラが噴火したそうですが、その時に周囲に飛び散った火砕流が堆積してシラス台地を作りました。シラスの細かい粒子の中には、無数の穴があいた多孔質構造を持っています。主成分のケイ酸は除湿機能が優れています。他にはアルミナが含まれていますが、ニオイや化学物質の吸着能力が優れているので、お部屋の空気を清浄に、快適にするという観点からは、なかなか良いのではないかと思います。(高千穂シラス株式会社さんのパンフレットを引用しました)


1


2


3

おまけに、当社でお取り引きをさせていただいているセラミック製品の原料である『A4セラミック』(一番上の写真、右の小さい袋の白い粉)を少量混入させて、さらに遠赤外線効果を増強しようというねらいです。


施工手順ですが、まず、壁塗りをしようとする壁面以外を養生シートとマスキングテープで覆います。汚れ防止のためです。床面には、作業しないと行けないので広い範囲に養生しました。
次に、デコボコな壁面を「パテ埋め」することで滑らかにします。
次に、壁材が剥離しにくいようにタッカーでホッチキスの針の大きい版を壁に打ち付けて行きます。1,500本くらいは打ったでしょうか? 
次に、「シーラーを塗布」して乾かし、2回目の「シーラーを塗布」します。この時が唯一臭いが出る作業なので、換気と加温をしました。
その次に、左官さんが使っている丈夫なバケツの中に、予め計量した白州壁材とセラミックパウダーを混ぜながら入れ、同じく計量した水と染ませて行きます。スクリュー式の撹拌器を使いました。
そうして、やっと白州壁材を塗り付けて行くのです。

1_2


2_2


3_2


5

私自身、初めてのローラー刷毛による壁塗りだったので、少し未知数な部分がありましたが、直に慣れて来て、まるでプロの仕事のような仕上がりにビックリしました。雰囲気もとてもいい感じで、早速さわやかなお部屋になったのが実感出来ます。
セラミックパウダーが混入している分、血流が促進される感じで室温の割に暖かく感じます。
材料代は安いし、塗りやすいし、DIY大成功だったんではないでしょうか?


6


e-mailでのお問い合わせはこちら


●ミキたんまい工房のウェブサイトTOPへ●



| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

Tanmai ShopにGoldポットとクリンナップポスターを掲載しました

こんにちは。
春一番のような強い風が吹き荒れていますね〜。
花粉もかなり飛んでいるみたいです。

さてようやく、Tanmai Shop上に、すこやかポットシリーズのGold大と小とミニ(4個入)、クリンナップシリーズのクリンナップポスターA1版〜A6版を掲載しました。


20170221_163005_2


20170221_144135_2


ご興味がお有りの方は、覗いてみてくださいね。
登場記念で、今日から2月末日まで、ショップポイント付与率を引き上げ(ポイント5倍)ますので、しかも全商品、この機会にご利用をお待ちしております。

Tanmai Shopのすこやかポット製品へはこちらから


Tanmai Shopのクリンナップ製品へはこちらから


e-mailでのお問い合わせはこちら

●ミキたんまい工房のウェブサイトTOPへ●


|

より以前の記事一覧