文化・芸術

2012年8月20日 (月)

花火を見てきました

毎日暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? でもこのところ朝夕は、ちょっと秋らしさを感じます。


先日、東京湾をクルーズした後、そのまま洋上からお台場の花火を見せたいただきました。この会を企画された方は、「花火を見るのが大好きだ」と仰っていました。そのご友人も、「花火ってスッキリするんだよね」と仰っていました。
実は、私も同感で、花火の『音』が相当効いているのだと感じていました。でも、普通陸から花火を見に行こうと思うと、「凄い人混み」「席取り」「渋滞」「中々帰れない」ということが付きもので、このところ花火をじっくり見ることが無く、約25年ぶりに見たという感じです。本当に良い機会を与えてくださいました。

Hanabi4

実際、『音』というのは、『波』であり『振動』でもあります。実際、楽器でも神仏関係の鳴り物でも、雷雨でも、その場の停滞した空気感をリセットしてくれるありがたい存在だと思います。つまり、ネガティブ系のエネルギーをリセット(中和・浄化)する感じなのです。ですから、その音が鳴り響いた直後というのは、くっきり、スッキリ、サッパリと感じられるのでしょう。

Hanabi1

ちなみに、羽田空港の滑走路の側をクルーザーで通っていただいたのですが、ジェット機が発着するその爆音は、正に『リセット(中和・浄化)』現象が起こっているので、いつまで経っても飽きが来ません。気持ち良いのです。

Hanabi3


しかし、洋上から見る陸の風景は非日常ですから、とにかく何でも珍しい。乗せていただいたクルーザーの全景の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、船の長さは45フィート(約15メートル)乗船定員15名という大きさで、私は初体験でした。
天候がちょっと良くなかったので、相当揺れました。船酔いする人も出ましたが、私は大丈夫でした。凄くゲップが出たのと揺れによる筋肉痛は、カーレースの雰囲気に似ていると感じました。洋上の方が数段エネルギーの抜けが良いですがね・・・。

Hanabi2

Hanabi5



●ミキたんまい工房のTOPへ●


|

2011年8月 9日 (火)

霧島東神社に行ってきました

皆様、お久しぶりです。

前回最後に書かせていただいてから、早5ヶ月になろうとしています。
3.11の大震災以来、色んな変化が起き、私は文章を書けなくなっていました。

今回、半年ぶりに鹿児島の重山先生の所に伺い、美味しい焼酎をご馳走になりながら、発破を掛けていただきましたし、久しぶりにイヤシロチにお連れいただきましたので、ブログをアップする運びとなりました。



本ブログのバックナンバー、2009年3月9日に霧島神宮古宮跡へ訪れたましたが、そこに近い位スッキリしたイヤシロチでした。
高千穂峰東側の中腹、標高約500メートルの高台(尾根筋)に鎮座。
もともとは、噴火を繰り返し厳しい自然の象徴としての山岳信仰の場であり、霧島で修行をする修験者たちの拠点となっていたという。

1

1_5


沖縄付近に台風9号が居るという影響か、晴れていたらいきなりスコールのような雨が降ったりと変わりやすい天気の中、鹿児島空港から自動車で40〜50分で霧島東神社に到着。

夕方5時過ぎでした。夕方以降の神社・仏閣の立ち入りは、よほど気をつけないといけないと思いましたが、打たれ強い重山先生がご一緒でしたので、決行。

駐車場から見て初めての鳥居から参道を見たら、一人では絶対進まないであろう重苦しい雰囲気でした。
階段を上り、杉の木2本を鳥居のように利用した山門?を過ぎ、更に石段を登った所に拝殿が見えました。

1_2


思いの外スッキリしていて、「指先がしっとり・すべすべ」「空気が低い湿度感」「空気の透明感がある」「輪郭がはっきり見える」「奥の林を見てもサッパリしている」「足下(足の裏)が暖かく感じる」「嫌な感じがしない」という、私なりのイヤシロチの体感がありました。

1_3


拝殿の横に移動してみたら、スゴイ!本殿辺りに天然の素晴らしい波動スポット?が・・・

1_4


当神社の東側眼下には、御池という大きな池?湖?がきれいに見えました。

1_6


新萌岳噴火で立ち入り禁止だった霧島神宮古宮跡も今は日中は行くことが出来るようです。
この夏休み、放射能の少ない南九州霧島辺りに訪れられてはいかがでしょう。


★MORIMORIさんのサイト(霧島東神社を紹介されている)へ★


誠に勝手ながら、夏休みを13日(土)から16日(火)まで取らせていただきます。ご注文やお問い合せなど、ご不便お掛けいたしますがよろしくお願いいたします。

●ミキたんまい工房のTOPへ●


|

2010年12月24日 (金)

年末・年始休業のお知らせ

皆様、ご無沙汰いたしました。


10月〜12月は、どうゆう訳かメチャクチャ忙しくさせていただきました。

完全にオーバーワークです。

手を抜く事を知らない私は、オーバーヒート&ダウンを数回繰り返しました。

ギヤチェンジをするタイミングを見失っていたのだと思います。

来年は新体制で行きたいと考えています。



1





早いもので、今年もあと1週間ですね。

年末・年始の休業のお知らせです。

12月30日(木)から1月5日(水)まで、お休みとさせて頂きます。

ご不便お掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。



この期間中にフル充電してきます。





★伊勢波動スポットツアーのお知らせ★

2010年1月26日(水)〜28日(金)辺りで、伊勢波動スポットツアーを計画しています。

今回は、初日夜ご飯を伊勢市駅近くの「向井酒の店」で、宿はパールピアホテル。

高野山にも足を伸ばしてみたい(初!)と思います。

詳細は未定ですが、ご興味がお有りの方はご連絡ください。

☆お問い合せはこちら☆




●ミキたんまい工房のTOPへ●

|

2009年12月15日 (火)

登戸にイヤシロチ美容室できました

 今月9日、神奈川県川崎市・向ヶ丘遊園イヤシロチ美容室がオープンいたしました。
"Hair Resort GANESA(ガネーシャ)"という店名、内装はブラウン基調の南国風で落ち着いた大人の雰囲気。オーナー社長兼店長の佐藤氏は、この道10年のキャリア。より良い環境とよりイメージ通りの店舗空間実現され、「イヤシロチという環境の店内で、クオリティの高い技術をお客様にお届けしたい」と意欲満々。

 登戸にできたイヤシロチスポットへお運びになり、ストレスが溜まった身体を解放、パワーを充電、ライバルには真似のできない、内面からの美しさをも手に入れられてはいかがでしょうか。

131_21_3








【お店の特徴】 お客様に合うトリートメントや薬剤を選び使用することで、髪を傷めず修復し潤いを与えるため、施術後の髪の毛が「サラサラ・ツヤツヤ」になります。
 そして、お客様に似合う髪へのご要望をお聞きしカウンセリングし、『一番のあなたらしさ』をご提案します。パーマカラーの待ち時間には、お店特製のハーブティーをお出しします。
 波動スポット(パワースポット)がお店のカウンターから待合スペースにかけてできております。店内に数時間お過ごしになるだけで、マイナスの気は減少しパワーが充電されるでしょう。



【オープニング特典】 オープニングキャンペーンとして、新規のお客様に限り、2010年2月末まで下記の特別料金になります。このブログをプリントしてご持参下さい。

●ダメージレスメニュー(シャンプー・ブロー付)●

◎カット+クリニックカラー+ジュエルグロストリートメント-----¥10,500→¥6,850

◎カット+クリニックカラー+ブリザーブトリートメント(ホームケア付)-----¥12,800→¥7,850

◎カット+クリニックカラー+ラメラトリートメント-----¥14,000→¥9,250

◎カット+コスメカール+ジュエルグロストリートメント-----¥10,500→¥7,550

◎カット+縮毛矯正+ジュエルグロストリートメント-----¥17,000→¥9,250

◎カット+デジタルパーマ+ジュエルグロストリートメント-----¥15,500→¥8,500

●OFFキャンペーン(シャンプー・ブロー付)●

◎カット+ジュエルグロストリートメント-----¥4,500→¥3,500
                      (スキャルプトリートメントに変更可)

◎カット+ブリザーブトリートメント-----¥6,800→¥5,750(ホームケア付)



【スタッフ募集中】 現在、スタッフ募集中だそうです。
世の中には、環境とか人の想念などが敏感に感じられて、しんどくて仕事が出来ない方が一杯いらっしゃいます。このお店は、そんな方でも思う存分、力を発揮できる環境になっていると思いますので、やる気のある方は、佐藤氏に電話してみてください。

1_621_71_842_21_9












【店舗情報】
営業時間10:00〜19:30(カット最終受付)、18:30(パーマ・カラー最終受付) 
定休日 火曜日

Hair resort GANESA(ガネーシャ)
神奈川県川崎市多摩区登戸2977-1 井出向ヶ丘ビル2F 電話 044-299-7763(予約の方が優先されます)
小田急線向ヶ丘遊園駅 北口下車徒歩1分 
1階はルグランという喫茶店(なかなか美味しい)、向かいはコンビニ・ローソン。

Ganesa1

★GANESAの地図へ★



●ミキたんまい工房のTOPへ●


|

2009年12月 2日 (水)

訳あり商品の販売を開始しました

 日頃は、弊社商品をご愛顧いただきありがとうございます。お陰様で、特にすこやかポットは、2008年春の販売開始から8,000個以上をご購入いただいております。さらなる商品の品質や能力アップに、また、関連商品の開発に努力をさせていただいておりますので、引き続きのご愛顧、よろしくお願いいたします。


 ご存じのように、すこやかポットのたまご型の容器は陶磁器で作られていて、一個一個が手作りということもあり、形・色・重さなどに多少の個体差が生じます。もちろん、製作のロットによってもできあがり具合が違ってきます。
 製作の途中、何かのちょっとした条件が重なって、容器の表面にヒビが見える「貫入」の入った容器ができてしまいました。
 貫入とは釉と素地の10%程度の収縮率の差により、焼成後の冷却時に生じた釉のヒビのことをいいます。通常、素地の上に釉薬を施釉してから1300度近い高温で焼成しますので、釉薬は溶けてガラスのような層となって陶器の上を覆います。そして焼成が終わり窯の火を止めると徐々に冷えていくのですが、その時の収縮度が陶器本体の素地と釉薬とで違い、この差が大きいと釉薬がひびのような状態になって固まります。


 今回、容器の表面にヒビが見える「貫入」の入った商品を「訳あり商品」として販売することにいたしました。すこやかポットとしての効果・効能はほとんど損なわれることはありませんが、見た目に気になるということがあり、数量限定での販売です。在庫が無くなりましたら終了させていただきます。

 2_212






①訳あり商品 すこやかポット(大)一個6,000円(税込)

②訳あり商品 すこやかポット(小)一個4,000円(税込)


【予定数量】大・小共に150個程度です。無くなり次第終了させていただきます。

【送料】ご注文商品の合計が30,000円以上の場合は、送料無料とさせていただきます。

【お支払い】銀行前振込か代引き。銀行振込の場合は、在庫のご確認等も含め、当方から合計金額の提示をさせていただいてからお振込願います。

★☆★ご注文は、こちらから★☆★


●ミキたんまい工房のTOPへ●


◎在庫情報◎
 お陰様で売れ行き絶好調です。12月6日午後6時現在、大は78個・小は99個となりました。たくさんのご購入、誠にありがとうございます。
 ご購入の際、納期をお急ぎの場合は、その旨お知らせいただければ、出来る範囲で対応させていただきます。また、2009年ヒビキ研究会の会員の方は、ご購入前にご連絡くださいますようお願いいたします。

|

2009年10月20日 (火)

栃木&岐阜の稲刈り&はざ掛け行いました

早いもので、初夏に田植えした小さな稲の苗は、すくすくと育ち、収穫の時期を迎えました。今年も、無事にたくさんのお米を収穫することができました。



◎栃木版◎

栃木の青木農園では、稲刈りとはざ掛け、脱穀、籾すり&精米と順調に行われ、先日収穫祭が行われました。穫れたてのお米をお釜で炊いてくださり、おにぎりにしていただきました。もちろん、同農園で穫れた野菜や果物をふんだんに使った手料理もたくさんご馳走になりました。おまけに、直ぐそばの川で釣った鮎も塩焼きにしていただきました。

1_21_31_41_51_10











作業の後の食事は美味しいということ、食材が新鮮でイヤシロチで穫れたこと、調理にはイオン水を使用していること、調理の熱源は炭火ということなど、様々な条件が整って、「美感電圧が高い」最高の一時を過ごすことができました。日頃溜まった負のエネルギーを思いっきりリフレッシュさせていただきました。そして、穫れたての新米や野菜をたくさんお土産にいただきました。青木さん、ありがとうございました。

1_61_721_81_9








次回は、冬に「みそづくり」を行いましょうかという話も出ましたので、計画したいと思います。



◎岐阜版◎

秋になると、台風などが頻繁に来て、稲の収穫作業に大きく影響を与えるため、稲刈り時期や脱穀時期は慎重に決めなくてはいけません。幸い、長年稲作を行ってきた父が指揮を採ってくれているので、その都度作業工程は決定されていきます。

何せ、今までとは違った農法を行うものですから、現場では相当混乱が起きたと思います。小生は、行き当たりばったり、思いつきみたいな感じで事を進めるタイプなので、みんなを振り回してしまっています。ですが、現時点で最も良い状態を作っていきたいあまり、ついバージョンアップしてしまうのです。

421_63






今年の稲は、田んぼのイヤシロチ化を行い、土壌に空気圧入、稲の苗と有機肥料の静電タイマーを活用した電子チャージ処理、イオン水の空中散布を10回程度実施、稲刈りは軽量のバインダーを使用して行い、刈った稲の束ははざ掛けし10日間の天日干し、いよいよ本日、脱穀機で籾の状態になるわけです。
さらに、脱穀した籾を広げて天日干しし水分調整を行い、30㎏ずつ袋詰めして土蔵に保管します。あとは、出荷のたびに籾すりして循環式の精米機で精米(7分づき・白米)します。何でも、籾のまま保存すれば1万年でも保存可能だとか。
そういえば、久しぶりに「いなご」を見ることができました。田んぼの環境もだいぶ昔のように天然さを取り戻してくれているみたいです。

せっかく天然理学農法で栽培したお米ですから、出来るだけ酸化・劣化しないよう工夫して行きたいのです。「安全」「高い栄養」「美味しさ」の三拍子揃った主食さえあれば、日々の暮らしに活力が湧いてくるのではないかと考えるのです。

1_71_8








【今期の天然理学農法の作業内容と特徴】

  ①田んぼの四隅と取水口にすこやかポット(農地用)を埋設
  ②土中に空気を圧入
  ③苗の静電変性(静電タイマー&電子チャージャー使用)
  ④施肥料(有機質ぼかし)の静電変性(静電タイマー&電子チャージャー使用)
  ⑤イオン水(静電タイマー&電子チャージャー使用)を噴霧(5回以上)
  ⑥陽イオン吸着網設置
  ⑦減農薬(農薬は静電変性後に使用、無毒化?)
  ⑧籾の天日干し・籾のまま土蔵に保管
  ⑨出荷直前に籾すり&精米を行います。



今年の収穫予定である30数俵のお米は、今まで契約していた方の所に20数俵売れて行き、残り10俵程度(約500㎏)を販売する予定です。販売価格や送料は、下記の通りです。


1

【販売価格】

  ①玄米5㎏  3,500円(税込・送料別)
  ②玄米10㎏  6,800円(税込・送料別)
  ③白米・胚芽精米5㎏  3,900円(税込・送料別)
  ④白米・胚芽精米10㎏  7,600円(税込・送料別)

    ※③及び④を選択なさる方は、白米か胚芽精米(約7分づき)をご指定下さい。

【送料・税込】

  525円エリア・・・群馬・栃木・埼玉・茨城・千葉・東京・神奈川・山梨・長野・新潟・富山
・福井・石川・愛知・岐阜・三重・静岡・大阪・奈良・京都・滋賀・兵庫・和歌山

  630円エリア・・・宮城・福島・山形・岡山・広島・鳥取・島根・山口

  735円エリア・・・青森・秋田・岩手・愛媛・香川・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・
大分・宮崎・鹿児島

  1,050円エリア・・・北海道・沖縄

    ※20㎏まで同一梱包にて賜ります

【お支払い方法】

  ①代金先払い(みずほ銀行)
  ②代引き(別途手数料が掛かります)

【発送開始時期】

  2009年10月26日頃から

【納期】

  ご注文を頂いてから籾すりと精米を行いますので、ご注文受付後5営業日程度で発送いたします。また、商品が無くなり次第終了とさせていただきます。

☆ご購入の場合はこちらから☆




●ミキたんまい工房のTOPへ●


|

2009年8月28日 (金)

カタカムナ勉強会にお招きいただきました

先日、「たまにわかふぇ・第2回(住)・カタカムナ初級編」へ、お得意さまの「くりきちさん」「ももきちさん」ご夫妻にお招きいただきました。

久しぶりに、「カタカムナについてお話しする」という内容でしたので、ちょっと緊張しました。普段は、イヤシロチづくりや天然理学農法に関連してカタカムナの知恵を拝借しているのですが、いざ、カタカムナを説明するということになると、内容は非常に広範囲で膨大でしかも高度過ぎて、とても小生の手に負えるものではありません。しかし、カタカムナの内容の内、普段慣れ親しんでいる事に限定して、経験・活用している事柄と共にお話ししても良いという了解を得られましたので、出掛けて行きました。


ご参加者は、25〜6名と大盛況で、割と広いワンルームでも居場所が無いくらいでした。男女の比率は4:6くらい、年齢は20代〜50代、治療師の方・ヒーラーの方・普通にお勤めの方・アーティストの方など様々な職種の方々でした。
小生のような者の話でも、真剣にお聞き下さる人間的に出来た方達で良かったです。


その講座の模様は、主催者の「くりきちさん」「ももきちさん」のサイトに詳しくレポートされていますので、ご覧下さい。

●たまにわかふぇ・第2回(住)・カタカムナ初級編へ●



Photo
Photo_2
121_2
1_3












how to seminar のシリーズでも「カタカムナ」勉強会を開催したいと思っています。


いよいよ来週末の9月5〜6日は、「how to seminar in 名古屋」を開催します。選挙や夏休み行事でお忙しいとは思いますが、お申し込みがまだお済みでない方は、お早めにお願いします。
皆様に名古屋でお目に掛かれますこと、楽しみにしております。


申込・お問い合わせは、ミキたんまい工房へ。
電話03-3325-7575、ファックス03-3325-7556

1_2
「セミナー案内書&申込書.pdf」をダウンロード



●ミキたんまい工房のTOPへ●



※相似象学会誌第9号より抜粋掲載させていただきました。

|

2009年1月31日 (土)

霧島神宮へ行ってきました

 今回は、霧島神宮へ行ってきました。鹿児島空港から車で30〜40分くらい(JR日豊本線霧島神宮駅からバスで10分らしい)のとても見晴らしが良いところにありました。 この場所が社地となったのは、約500年前らしいのですが、最初は高千穂峰(宮崎と鹿児島の県境付近、標高1,574m)近くに奉られていたのですが火山噴火で消失、約1,400年前高千穂河原に移されたそうです。しかし、その400年後にも火山噴火で消失し霧島市田口の待世神社に仮宮として奉られたあと、現在の場所になったそうです。 高千穂河原の霧島神宮古宮跡は、今でも祭事が継続されているようですが、ホームページの写真を見ると、とてもさわやかで抜けが良い、いかにもイヤシロチという感じがします。

●霧島神宮を紹介したサイトへ

1 2 5_2





 さすがに、鹿児島を代表する神社ということで、規模と社殿はとても立派でした。神楽殿も3〜4年前に建て替えられたばかりで、檜の良い香りがしていました。ご神木は、樹齢800年の杉。周りの樹木が生い茂ってしまって少し残念なのですが、南西方向の眺めがメチャクチャ良いです。

 そういえば、坂本龍馬と妻おりょうは約140年前この地を含め鹿児島を訪れたといいますが、これが日本最初の新婚旅行ではないかということです。 ここは典型的なイヤシロチなのですが、マイナスエネルギーが少々多めだったかな?という印象です。生意気言ってごめんなさい。

3 4 2_2

 


 



 

 次回、チャンスがあれば、霧島神宮古宮跡へ足を伸ばして行ってみたいと思います。


▲ミキたんまい工房のTOPへ

|

2008年12月27日 (土)

鹿児島神宮に行ってみました

 皆様お久しぶりです。文章が中々書けない状態が続き、失礼しました。


 日本最大級の断層系「中央構造線」は、関東から九州にかけて1,200㎞以上に及ぶ、地表面付近に出来た亀裂です。具体的な場所は、茨城の鹿島や長野の諏訪湖、長野から静岡にかけての天竜川沿線、愛知の伊良湖岬、伊勢、高野山、淡路島南端、四国の吉野川沿線、松山の道後温泉、佐多岬、九州の臼杵、阿蘇、天草あたり。その沿線には、天然のパワースポットが数多く点在しているといわれています。

1_4

●大鹿村中央構造線博物館へ


 



  小生は、伊勢方面や長野・伊那方面には時々訪れ、天然のパワースポットで充電させていただいています。

今回は、他の用事もあって九州・鹿児島神宮に行ってきました。中央構造線とは少し距離がありますが、桜島活火山が近くにあるということもあってか、伊勢のような雰囲気で、とてもさわやかでした。鹿児島空港から車で15分くらいのところ、当神宮の北には標高150m位の山があり、山の尾根筋でしかも東南斜面、いわゆる「イヤシロチ」に位置しています。境内には樹齢800年級の楠木(くすのき)が何本もあるということは、とても地力が高いということの裏付けにもなります。

当神宮の直ぐ近く、参道脇にある宮内小学校もとても良い感じに見えました。

Sakurajima1 Kagosimajingu2 Kagosimajingu1


  


 


 お近くにお越しの際は、このイヤシロチスポットにお立ち寄りになり、充電されてみてはいかがでしょうか。次回は、中央構造線方向に少し足を伸ばして、霧島神宮に行ってみたいと思います。


▲ミキたんまい工房のTOPへ

|